• UPDATE

薬の管理とは?薬の減らし方から薬の管理ケースまで紹介します

外部ページURL

薬の管理

薬の管理は、正しい服用を行い、効果を得るためにとても大切なものです。しかし、高齢になって持病が増え、薬の種類が増えると管理が大変になってきます。例えば厚生労働省の調べでは、75歳以上の高齢者は約4人に1人が、7つ以上の薬を受け取っています。

それほど多くのお薬を服用する理由は、疾患の数です。高齢者になるほど疾患の数が多くなり、使用する薬の種類と量も比例して増えます。また患者さんによっては、目が悪かったり、手足が不自由な方もいます。そういった理由で、お薬の飲み間違いや飲み忘れ、取り出せずに服用できないこともあります。

本記事では、薬を適正に運用するための薬の管理について解説します。

 

1. 高齢者の薬物療法の現状と課題

薬の管理

日本では超高齢化社会が進行し、それに伴い自宅での薬物療法患者数が増加しています。その現状と課題を整理します。

1-1. 現状のポイント

高齢者が服用する薬の数は、60歳前後から増える傾向になります。そして75歳以上になると、約4人に1人が7種類以上の薬を受け取っています。また何種類もの薬を服用している患者さんは、複数の疾患があり、複数の医療機関を受診する傾向があります。

通常の成人では適正な用法用量でも、高齢者の場合に注意すべき副作用があります。また服用する薬の種類が増えるほど、有害事象が増加する傾向があります。

1-2. 高齢者の疾患と服薬行動への影響

高齢者の疾患・病態上の特徴と服薬行動には、相関関係があります。例えば複数の疾患がある患者さんは、複数の薬を飲み、複数の受診先を持ちます。そういった特徴を、以下にまとめました。

(※『高齢者の薬物療法の現状と課題』より)

高齢者の特徴 服薬行動・薬物療法への影響
複数の疾患がある 複数の薬の服用、複数の病院の受診
慢性疾患が多い 長期の薬の服用
症候が非定型的 誤診による誤投薬、対症療法による多剤併用
臓器予備機能の低下 過量投与
認知機能、視力・聴力の低下 コンプライアンスの低下、誤服用
過少医療 投薬中断

 

2. 薬を減らし方とは

薬の管理

高齢化社会の到来と医療費削減の流れの中で、薬を出し過ぎる「多剤大量処方」の転換が求められています。また患者さんにとっても、効率的な服用スタイルのニーズが高まっています。

ポイントは、「病状の改善」と「薬の削減」を両立することです。ここでは、薬の減らし方について解説します。

2-1. なぜ薬を減らす必要があるのか

従来日本では、多剤大量処方が続いていました。その結果、患者さんの症状が病気が原因なのか、薬の副作用によるものなのか見分けがつきにくいという弊害がありました。

原因を正確に把握し、適切な対処を行わないと、病状が悪化するリスクがあります。こういった状況を改善するためには、できるだけ薬を減らし、適切な薬を適量服用する必要があります。

2-2. 処方内容をよりシンプルにする

処方されたお薬の種類が、多すぎて混乱してしまうことがあります。そういった場合には、医師や薬剤師に薬の種類を減らす相談をしてみましょう。例えば、数種類の薬剤が配合された配合剤や、効果が長く続く薬も登場しています。

また定期的な受診で、体調と服薬の状況から、処方内容の見直しを依頼することも大切です。

 

3. 薬の管理ツールで快適に服用

薬の管理ツール

3-1. 何曜日に何を飲むのかすぐわかるサプリケース

サプリメントケース

Amazonで大人気なのが、このFulliconのサプリケース(1,298円)です。例えば、曜日ごとに大・中・小の3つに区分けされています。それぞれ薬の大きさごとに、収納できるようになっています。

また曜日ごとに鮮やかな色で分けられており、飲み忘れをしにくい工夫がされています。持ち運びにも便利なサイズで、縦の長さはスマホと同じぐらいです。

購入者からは、「曜日を漢字で打っているのでお年寄りでも一目で分かる」「日その日のケースを取り出してテーブルに置いておけるので飲み忘れがなくなりました」という感想が挙がっています。

3-2. 枠が大きく袋入り粉薬も入るサプリケース

シャディ ポリプロピレン 薬ケース

この「シャディ ポリプロピレン 薬ケース(920円)」もAmazonで大人気です。カスタマーレビューを、以下に紹介します。

・「一週間、朝、昼、夜に分けて薬が入れられ透明ケースなので外から中が見え飲み忘れもなく便利に使用出来ます」
・「一回分ずつの薬を入れる枠が大きいので、数種類の錠剤や、袋入りの粉薬も畳めば入るので便利です」
・「母が毎日飲んだかまだなのか分からなくなると言うことで購入しました。とても見易くて喜んでくれて良かったです」

3-3. その日に飲むべきお薬が入ってるお薬カレンダー

お薬カレンダー

「飲み忘れが一目瞭然」「見やすい大きな文字」「出し入れラクラク」などが特徴なのが、この「Libexy お薬カレンダー」です。

購入者の声を、以下にご紹介します。

・「一度セットしてしまえば毎日の飲み忘れを防止できる」
・「飲んだのか飲んで無いかの確認が目視出来る」
・「認知症患者を持つ家族は、効果絶大です」
・「認知症の義母の薬管理が楽になりました」

 

4. まとめ

薬の管理は、高齢者の患者さんにとっては、特に大切です。

薬の種類と量をシンプルにすることで、副作用のリスクも軽減できます。

またお薬カレンダーや、お薬ケースといったツールや、薬の一包化という服用の負荷を軽減し、間違いを防ぐ対処も有効です。

URL

AD