• UPDATE

化学療法とは?抗がん剤の進化や医療機器の進歩で自宅で行う人も

外部ページURL

化学療法

化学療法とは、抗がん剤を用いて、癌を治療することです。抗がん剤には、癌細胞の拡大を抑えたり、再発や他への転移を防ぐ効果があります。そのため転移の可能性がある時や、広範囲な治療が求められるな血液やリンパの癌などにも行われます。そしてがん薬物療法に特化した知識を用いて質の高い薬物療法を提供するのが、がん専門薬剤師です。

薬剤のパターンとしては、一種類だけ使う場合と数種類を組み合わせる場合があります。お薬の種類としては、飲み薬や注射、点滴などがあります。また化学療法は、抗がん剤単体だけでなく、手術や放射線療法と組み合わせる治療方法もあります。その場合、治癒率が高まることが判明しています。

本記事では、化学療法について、詳しく解説します。

 

1. 化学療法とは

化学療法とは

1-1. 全身治療ができる化学療法

化学療法とは、がん細胞を直接攻撃する抗がん剤(化学療法剤)を用いた治療方法です。薬物療法とも呼ばれます。

手術治療放射線治療は、癌に対する直接的で局所的な治療です。一方化学療法は、体の広い範囲に効果が波及することが期待できます。抗がん剤が投与されると、血液中に入り全身を駆け回ります。

そして細胞周期に干渉し、がん細胞のDNAや、細胞分裂に必要な酵素などを標的にします。その結果、がん細胞の増殖を抑制し、アポトーシス(プログラムされた細胞死)させる効果があります。また当初の治療の効果が落ちてきた場合は、別の抗がん剤治療に切り替えます。

このように、化学療法は体のどの場所にがん細胞があっても、それを破壊するという効果があります。一般的には、手術や放射線療法が適応にならない場合に、抗がん剤などの薬物療法を行います。

ただ抗がん剤は、がん細胞だけでなく、正常な細胞に対しても作用します。つまり抗がん剤の投与量を増やすとがん細胞への効果は増しますが、正常細胞への副作用も強くなります。

1-2. がんの進行形態と治療方法

一般的に早期のがんは、体の臓器のある部位に限定して発生し、増殖します。そして進行すると、全身に広がります。これを、転移といいます。

外科療法や放射線療法は、局所的ながんには強力な治療方法です。しかし、既にがんが全身に転移している場合や、白血病にように診断時から病変が全身に及んでいる場合、全身に放射線療法を行うことはできません。その理由は、副作用が強すぎるからです。また手術によって、体中のがん細胞を除去することは不可能です。

このように体中に広がったがん細胞を治療するためには、化学療法は効果的な治療方法といえます。また抗がん剤一覧ページでは、現在の医療現場で使用されている抗がん剤やホルモン剤が紹介されています。

1-3. 化学療法に期待されるもの

化学療法には、がんの進行を抑えたり、延命効果が期待されます。またがんの進行度によっては、手術や放射線療法と組み合わせることで、治癒率が高まることが判明しています。

 

2. 化学療法のパターンとは

化学療法

2-1. 化学療法のみを実施する場合

この場合の目的は、がんの進行を遅らせることです。また血液癌など手術が要らない癌の治療の場合は、完全な治癒を目指します。

2-2. 放射線療法と併用する場合

この場合の目的は、放射線療法で癌を小さくし、同時にがんの転移や再発を予防します。

2-3. 手術と併用する場合

手術前は、まず化学療法で大きな癌を小さくします。そして、手術で全てを取り除けるようにします。手術で切り取る部分を小さくするので、出血が少なくなり、体への負担を軽減できます。

手術後に、目視できない小さな癌が残っている可能性があります。それが再発・転移をしないように、化学療法で予防します。同時に、手術で取り除けなかった癌の増殖を抑えます。

 

3. 自宅でもできる外来化学療法について

外来化学療法

化学療法の多くは、以前は入院による治療でした。ところが最近では、新しい抗がん剤や、副作用を抑える薬、長期間の投与に適した医療機器が登場しています。

そういったものを組み合わせることにより、外来や自宅で化学療法を実施することができるようになりました。患者さんのがんの種類にもよりますが、お仕事を続けながら、化学療法でがん治療を行う人が増えています。

 

4. 抗がん剤の種類について

抗がん剤の種類

4-1. 代謝拮抗剤

代謝拮抗剤は、癌細胞に多く含まれている酵素を利用し、増殖を押さえ込む薬です。まず抗腫瘍効果を発揮する前の薬として投与されます。これががん細胞の中にある酵素の働きを受けて活性化され、抗がん剤として機能します。

この代謝拮抗剤は、がん細胞が分裂するときに効果を発揮します。そのため、それぞれのがん細胞が分裂するタイミングを狙って、長時間かつ持続的に薬を投与する必要があります。

4-2. アルキル化剤

アルキル化剤は、DNAに働く薬です。DNAは、核酸と呼ばれる塩基が対になって二本の鎖状に結合し、せん状の構造を作っています。アルキル化剤は、強力で異状な結合をDNAとの間に作ります。その結果、DNAの遺伝情報が障害され、DNAも損傷を受けます。その結果、細胞が分裂増殖するときにアルキル化剤が結合した場所でDNAはちぎれ、がん細胞を死滅させる効果があります。

4-3. 抗腫瘍性抗生物質

抗腫瘍性抗生物質は、土壌に含まれる微生物から作られたものが原型です。もともとは細菌に対する抗生剤と同じく、がん細胞に対しても選択的に働く抗生物質があるのではないかという想定で開発されました。細菌やかびに効く構造を持った抗生物質の化学構造を変化させ、がん細胞を死滅させる機能を持ったものもあります。

4-4. 微小管作用薬

微小管作用薬は、細胞分裂に必要な微小管の機能を停止させることで、がん細胞を破壊します。「ビンカアルカロイド」と「タキサン」の二種類の化学物質に分類されます。また神経細胞の働きにも重要な役割を果たしており、手足のしびれなど神経障害が出る可能性があります。

 

5. まとめ

化学療法は、体全体に効果が行き渡る抗がん剤を使った治療方法です。

ただ使用するお薬によっては、効能や副作用が異なります。お薬によっては、白血球の減少や血小板減少、貧血、吐き気といった副作用が起こります。

また化学療法は、患者さんの病気の状況やライフスタイルによって、目的や実施するタイミングは異なってきます。

患者さんの病状を正確に把握した上で、最適な選択肢を考慮することが、とても大切です。

URL

AD