• UPDATE

服薬指導とは?患者さんを導く服薬指導のエッセンスを紹介!

外部ページURL

服薬指導

服薬指導とは、薬剤師が患者さんに対し、お薬の正しい使い方の説明をすることです。指導というと一方的な説明に聞こえますが、患者さんの話を聞くことも含まれます。

重要なポイントは、処方が患者さんにとって適切かどうか、薬学的知見から評価・考察することです。そのためには医師の診断内容を把握し、患者さんからヒアリングすることが大切です。

本記事では、薬剤師の服薬指導について詳しく解説します。

 

1. 服薬指導とは

服薬指導とは

1-1. 服薬指導の重要性

薬剤師は、医師の処方箋に基づいて、お薬を正しく調剤し患者さんにお渡しします。同時に、お薬の正しい使用法に関する情報もお伝えする必要があります。この服薬指導は、医療用医薬品だけでなく、一般用医薬品でも行われます。特に、第1類医薬品は薬剤師の説明が義務付けられています。

服薬指導で薬剤師が提供する情報には、お薬の「名前」「効果」「服用回数」「服用量」「服用時間」「保管方法」「副作用時の対処法」「飲み合わせ」などがあります。また「飲み忘れた場合の対処法」や、「治療完了後のお薬の扱い方」も説明します。

お薬は、正しく使われてこそ、その効果を発揮します。服薬指導は、お薬を正しく使い、病気の治療を実現するためにとても重要です。

1-2. 相手に合わせた適切な対応も大事

服薬指導のポイントは、お薬の正しい運用の説明だけではありません。お伝えする相手は、小さなお子さんから高齢者まで、多岐に渡ります。そのため、相手の状況に合わせて、適切な対応が求められます。

特に、処方薬が抗がん剤の場合は、細かな気配りが必要です。患者さんががん告知を受けていない場合、そのままを伝えることは避ける必要があります。

 

2. 薬剤師のヒアリングの重要性

薬剤師の病状ヒアリング

患者さんは、薬物療法に対して様々な不安を抱えています。現在の病気を治療するためのお薬の説明だけでなく、そういった不安を取り除いてあげるコミュニケーションは非常に重要です。

理想の服薬指導は、健康を実現するために、患者さんとお互い信頼関係を築くことです。その上で患者さんの病状だけでなく、生活習慣にも興味を持ち、薬物療法の効果だけでなく、根本的な解決に向けて提案できることです。

例えば、「一日の食事回数」や「時間帯」、「コーヒーや炭酸飲料の頻度」「運動量」といった生活スタイルをヒアリングし、把握します。その生活スタイルの改善も合わせた服薬を継続できるように、サポートすることが重要です。

患者さんの立場からすると、自分のことを理解してくれ、生活スタイルを尊重してくれる薬剤師は共感できます。そして改善すべきところを変え、薬物療法と両立する落とし所に導いてくれる薬剤師は、安心できる心強い存在です。

 

3. 服薬指導の流れ

服薬指導の流れ

3-1. お声がけをする

患者さんのお名前をお呼びし、投薬台へ誘導します。「薬剤師の〇〇です。本日は宜しくお願いします」と、最初にまず自分の名前を名乗り、挨拶をしてから服薬指導を始めましょう。

円滑にコミュニケーションを進めるために、患者さんの方に体を向けます。またアイコンタクトを取りながら、笑顔で会話をするように心がけましょう。

体調の悪い方や足の悪い方の場合、座席までお薬をお持ちして服薬指導をすることもあります。そういったイレギュラー対応のやり方は、薬局によって異なります。

3-2. 病状をヒアリングする

現在の患者さんの状況を正確に把握し、適正な服薬指導を行うために、病状をヒアリングします。初回来院の場合、処方箋が適切か評価する必要があります。そのため、質問票で様々な内容をヒアリングします。一方通院されている患者さんには、前回からの経過状況や副作用状況をヒアリングします。

具体的なヒアリング項目例を、以下に記します。

服薬指導のヒアリング項目例
① 治療中の疾患名
② 現在の症状について
③ アレルギー・既往症の有無
④ 現在服薬中のお薬名やサプリメント名
⑤ 過去に体質に合わなかったお薬の名前
⑥ 喫煙の有無
⑦ 飲酒の有無

万が一患者さんの症状や体調に変化があったら、薬剤師はその事態を改善する服薬指導を実施する必要があります。そのためには、患者さんからの細かいヒアリング情報がとても大切です。

3-3. 医薬品を説明する

指導箋

便利なツール「指導箋」(※岩城製薬株式会社のホームページより)

ヒアリングが終わると、次に行うのが処方薬の説明です。薬剤師は、病気に悩む患者さんが正しく服用できるようにわかりやすく解説する必要があります。

うまくコミュニケーションが取れない場合、「手帳への書き込み」や「指導箋」を活用しましょう。

お薬は、「薬袋(やくたい)」と呼ばれる袋に入れて、患者さんにお渡しします。また「薬剤情報提供書」「調剤報酬明細書」「領収書」「お薬手帳」をお渡しします。

処方薬の説明ポイント例
① お薬の効能・効果
② 正しい服用方法
③ 副作用
④ 飲み合わせ
⑤ 保管方法

3-4. 質問や疑問点の確認

服薬指導の目的は、患者さんが内容を理解し、薬剤師の説明通りに行動し、健康になることです。指導内容に対し、少しでも不安や疑問があると、適正な薬物治療を実現できません。

そのためには、丁寧で本人が納得できるわかりやすい説明が必要不可欠です。また場合によっては、「副作用の対策方法」「緊急時の連絡方法」を伝えておきましょう。

3-5. クロージング

患者さんの質問がなさそうであれば、クロージングを行います。クロージングとは、服薬指導を締めくくり患者さんを見送ることです。

この最後のクロージングは、対応した薬剤師の印象を決める重要な要素の一つです。丁寧に見送ることで、患者さんとの信頼関係が得られ、より良い服薬指導に繋がります。

 

4. まとめ

服薬指導は、患者さんを健康に導く薬剤師の重要な業務の一つです。

特に大切なのは、お薬の正しい使い方の説明だけでなく、患者の生活環境にも興味を持ち、良好なコミュニケーション関係を築くことです。

そして健康の体を作るために、薬物療法の効果の最大化のためにどうすべきかをキャッチボールできるかどうかが大事です。

そういう意味では、薬剤師の服薬指導は「モノからヒトへ」という薬局業界の変化のハイライトシーンといえます。正確な調剤業務と同じぐらい重要な、対人コンサルティング業務といえるでしょう。

URL

AD